2014年1月の記事一覧

SP PRINTのブログです! TOP → 2014年1月の記事一覧

自社広告を広告代理店や印刷業者に丸投げの広告は経費のムダ。

2014年1月29日 07:51 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

チラシや販促物を制作する場合みなさんはどうされておりますか?
いつもオーダーする広告代理店や印刷屋さんに丸投げしていると言う方は多いかもしれません。先日TV東京のカンブリア宮殿という番組で山田電気の社長は折り込みチラシのチエックを自ら行いるという事を番組内で言っておりました。

折り込みチラシの出来で全国の山田電気の売上がとんでもない額で変動するので真剣勝負でチラシの内容を社長が決定するという事らしい。ユニクロの社長も同じ番組内で同じ内容のお話しをしておりました。やはり大手企業でも自社広告については丸投げしてないという事はお解かり頂けたと思います。

チラシのデザイン、レイアウト等はプロにまかせてもOKですが、チラシに掲載する企画、具体的な情報は自ら知恵を絞り消費者へ何を伝えるのかをオナー自信が考えなければいけません。販促費、広告宣伝費を必要経費と捉え年間販促計画や販促スケジュールをしっかり立案し実践している経営者やオナーは一味違うのです。何が一味違うかと言うと広告や販売促進について消費者へ伝えたい事を徹底的に考える。そして実行する。そして実行した事について効果測定を行い分析し次回の販促に生かす。また同業他社の広告宣伝を徹底的に分析する。以上の事を繰り返す事で販促に関してのスキルが広告代理店の一営業マンより高くなり一味違ってくるのです。

効果検証も今回配布したチラシの効果で何人集客し売上げがいくら上がったか?また商圏内でチラシの効果で来店してくれた顧客の住居地域はどこか?来店してくれた客層は?等徹底的に分析しデーターベース化しているのです。このような事をしっかり出来る経営者は、効果的な独自の販促方法をノウハウとして持っているので広告費を使っても回収する事が出来、費用対効果の高い販売促進が可能となるのです。レスポンスのある効果的な広告こそが最大の節約となるのです。

チラシ、紙媒体のレスポンスUPにアクセス解析を利用しましょう!!

2014年1月28日 06:54 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

Webサイトを運営している方はアクセス解析を設置し日々どんな検索ワードで自サイトにアクセスが流れて来るかチエックしている事と思います。Webサイトのアクセス解析からキーワードを工夫したり、最適化をおこなったりWebサイトの改善には欠かせないものとなっており常識です。

今回紹介する事はこのアクセス解析の検索ワードを利用してリアルで展開しる媒体にキャッチコピーで利用するというものです。最近紙媒体の広告が今の景気後退の影響で激減している話は良く耳にします。逆にネット広告はいまだに成長を続けておりますが、紙媒体もほんの少し知恵を絞りアイディアを注入する事でレスポンスのある費用対効果に見合う媒体に変わるのです。それではDMやチラシ紙媒体にどうやってアクセス解析の検索ワードを活用したらいいの?という疑問が出てきます。

ます最初にやる事はアクセク解析でヒットする検索ワードを多い順にリストアップします。そこからキャッチコピーに利用出来そうな検索ワードを絞り込みます。そしてその検索しているターゲット(客層)はどのような人たちなのかを想像して仮説を立てます。男性なのか?女性なのか?年齢は10代なのか30代なのか?このように検索ワードからターゲット絞込みます。

ここまで出来るとあとはその検索している客層にマッチした媒体を作り検索ワードのキャッチコピーを入れDMやチラシを配布し実践してみる。アクセス解析からどうしても良い検索ワードが見つからない場合はフェレットプラスやヤフーのおまかせ関連ワードチェックCGIを活用するとたくさんキャッチコピーに使えそうなキーワード見つかります。ぜひチャレンジしてみて下さい。

商圏の大切さを知る

2014年1月27日 10:06 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

商圏(しょうけん)とは、何?
簡単に言えば、
「その会社・商店などの営業範囲・固定客のいる地域・エリア」の ことです。
商売において、商圏の把握は、非常に重要です。
ご自分の店に来て頂いているお客様は、いったいどこから来てい るのでしょうか?
それを知れば、商圏がわかります。

商圏がわかれば、商圏以外にチラシを配布しなくても良くなります。
商圏以外にチラシをまくことは、無駄になるので、費用対効果の効率を落とします。

商圏がわかれば、商圏内に何度も繰り返しチラシを配布する事がで きます。商圏内に何度も繰り返しチラシを配布する事は、認知度ア ップに繋がり有効だからです。

■ 商圏を知る方法 ■
でも、自分の店に来て頂いているお客様の住所がわからない?
会員カードやポイントカードを作りましょう。
多少の損をしても、キャンペーンを行なえば、
喜んで登録してくれるでしょう。
その際、忘れず、お客様の「住所、FAX、e-mail」を 書いてもらいましょう。後に、DMなどで利用できます。
さあ、お客さんの住所が、わかりました。
いよいよ、商圏を決められます。

■ 商圏を地図に書き込む ■
自分の店を中心とした住宅地図を用意します。
まず、自分の店のところに「大きな印」をつけます。
次に、お客さんの住所のところに「小さな印」をつけます。
1人のお客様=1点(プロット)です。

すると、自分の店を中心として、点々が広がっていることが わかります。その密集している範囲が、商圏です。
時々、すごく遠くから来るお客もいますが、商圏からはずします。
あくまでも、密集している範囲だけが、商圏なのです。

■ 商圏が決まったら ■
やっと商圏がわかりました。
地図を見てください、「よし、このエリアで勝負しよう!」と
目標が明確になるはずです。
商圏がわかれば、折込チラシも、ポスティングも、簡単です。
折込む部数も、範囲も、把握できるからです。
また、競合店(ライバル)の研究もできます。
商圏内に、何度も、何度も、繰り返し告知しましょう。
もちろん、チラシの内容も その都度、見直しましょう。
これを何度も繰り返すうちに、より明確な商圏が固まります。
その商圏こそが、宝となるのです。
あとは、行動あるのみです。 頑張りましょう!

「集客出来るチラシ」の作り方

2014年1月24日 05:00 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

毎朝、山のように折り込まれてくる新聞折込。
新聞を開けば、広告&チラシの数々その中で、印象に残った訴求力 のあるチラシ&広告を集めておきます。
(好きな雑誌の中にある広告・キャッチコピーでもいいでしょう)
それが、「手本」となるのです。
■「まね」からはじめましょう! ■
何でも、はじめは「まね」から始まります。
書道でも、演劇でも、はじめは手本をまねて学びます。
その手本は、日々刻々と変化しますので、新聞折込や広告を 見て、手本となるものを取っておく必要があるのです。

■「自分らしさ」を出す ■
はじめは、「まね」から入りましょう。
まったく同じでもいいのです。
まずは、手本を「まねる」ことが大切です。
次に、「自分らしさ」を出します。
硬いイメージが嫌なら、手書きのチラシを作ってみます。
イラストがなかったら、雑誌や新聞から切り抜いて
ノリや、セロテープで貼り付けます。(そのまま印刷して も大丈夫です。)
すべてをパソコンで作ろうとは思わずに、チラシを手作りで
「創作」します。
そのほうが、かえってインパクトのある目を引くチラシが出来 ます。

■「基礎」が大切 ■
とはいっても、チラシの「基礎」は大切です。
基礎を疎かにすると、ピアノでも、スポーツでも、上達しません。
基礎とは、
・「売り」をはっきり訴求する。・・アッと思わせる。
・「サービス内容」を具体的に示す・・安心感を持たせる。
・「ゴチャゴチャ書かずシンプルに」・・見やすく、わかりやすくする。
・「身元」をはっきり示す・・怪しまれないようにする。
といったことです。

■ 「繰り返す」のみ■
チラシが出来たら配ってみます。 そして、反応を見ます。
そして、また「冷静に・客観的に」チラシを見直し、
作り変え、また配ります。 そして、反応を見る…
お金がもったいないから、めんどうだからと、 行動を起こさないのは、何も進歩しません。
「作り変えること」こそが、次のステップアップとなります。
そのためには、お金をかけすぎず無理をしてはいけません。
少なくとも、2回?4回は作り変えてみてください。
すると、初めのチラシは、幼稚園児のように見えてくるでしょう。
そして、1年も経てば、反響に繋がるチラシが出来上がります。
◆反響に繋がるチラシができた!さあ、勝負はこれからです!?
「チラシを作り変えることで、完成度は高まる。」

Googleのある方法を利用して無料で検索エンジン上位表示を狙う方法

2014年1月22日 09:56 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

ストリートビューが最近話題となっておりますがご存知でしょうか?Googleが始めたサービスですがプライバシー保護の観点から賛否両論のようです。解らない方はネットで調べる事が出来ますので確認して見てください。

さて本題のGoogleのある方法を利用して検索エンジン上位表示を狙う方法をご説明致します。グーグルで提供しているGoogle Mapsのローカルビジネスセンターってご存知でしょうか?このサービスを利用する事で上位表示が可能となります。
最近は、YouTubeの動画をはじめ、画像やニュースなどが検索結果画面に表示されることが多くなりました。動画、静止画、テキストなどの種類や情報源を問わず、検索を行うユーザーが求める情報を、1回の検索で最適化した形で提供するグーグルが目指す「ユニバーサル検索」構想へのテストマッチのひとつです。

それではGoogle Mapsのローカルビジネスセンターとはどのようなものなのか?
たとえばグーグルの検索窓に「地名+サービス」を入れて検索すると地図が1位に表示される場合が増えております。地図のサムネイル画像の横には、Googleマップに登録済みの情報が表示され、この場合は「地名+サービス」にマッチするサイトのURL一覧が表示される仕組みになっております。

お時間がある時試してみて下さい。

この、検索結果に表示される地図の右側のサイトURLは、無料で掲載することが出来るのはみなさんご存知でした。

都心からはなれたローカル地域等ではまだ登録サイトが少ない場合があるのでチャンスです。WEBサイトがあり登録してない方はぜひ登録に挑戦してみてください。

 

捨てられない目を引くチラシを作るのは勇気が必要です。

2014年1月20日 04:38 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

捨てられずにチラシが保存されるとどうなるでしょうか?

チラシ配布からレスポンス(問合せ、来店)があるのはせいぜい2日?3日程度です。

訴求する内容でレスポンス(問合せ、来店)の期間は多少前後しますがまぁ?そんなもん

でしょう。同じお金をかけるのですから捨てられず保存されれば期間の長いレスポンスも

期待できます。

みなさんはチラシやパンフレットを保存したり集めたりした経験がありますか?高額な欲

しいものを購入する時など商品のパンフレットをお店から持ち帰りじっくり検討する目的

で保存した経験をお持ちの方もいるでしょう。またデリバリ(出前)のチラシやパンフレ

ットも各家庭に保存されている場合が多いと思います。

本題に入ります。捨てられず保存されるチラシとは、読み手にとって有益な情報が記載さ

れているチラシです。

例えば、ラーメン屋さんであれば表面がお店の広告で裏面にご家庭でも簡単においしい

ラーメンの作り方(レシピ)などを記載する事で興味を持ち挑戦してみようと思った方は

そのチラシを保存するでしょう!!定期的にチラシを配布しているのであれば裏面のレシ

ピを配布する度に違う内容のレシピに変更する事も可能です。

読み手にとって有益な情報をチラシが配布される度に得られる事で行った事のないお店で

も認知度が上がり実際にレシピ通りに作りおいしかたった場合は多分来店に繋がるでしょ

う。

ただ広告主にとってお店の広告と違った内容をチラシに掲載するという事は非常に勇気が

いる事です。売りたい商品アイテムが多ければ多い程全部掲載しくなるのは当然です。

またこの方法を積極的に行っている所をあまり見たことがありません。みなさんは見たこ

とがありますか?今回はラーメン店を例に書きましたが他の業種もこの方法は使えると思

いますのでライバル店、競合店と違う広告宣伝で差別化しましょう。

是非チャレンジしてみて下さい。

小さな居酒屋でも携帯メールで集客成功!!

2014年1月19日 04:30 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

携帯メールマーケティングという言葉はご存知でしょうか?

今回ご紹介する成功事例は携帯HP+メール配信で集客増に成功したお話しです。
成功したお店は札幌市内郊外にある居酒屋でオーナーとアルバイト1人で営業している小さな居酒屋です。そこのオーナーは1年前に携帯HP+メール配信のシステムを導入し1年がかりでメール会員を90名集めたそうです。

その90名集めたメール会員へ1週間の中で一番売上が低い曜日に毎週メールにてお得な情報を配信しているそうです。

気になる部分はたった90名のメール会員へメールを配信して何人集客出来るのか?ですよネ!!

ここのお店は5名?10名毎週コンスタントに集客出来ているとの事。平均客単価3,000円程度で計算すると15,000円?30,000円程度メールを送信するだけで売上が上がった事になります。月額売上合計は60,000円?120,000円アップとなるそうです。

この携帯HP+メール配信のシステムはいくらで導入しているか非常に気になる部分ですこのシステムの月額ランニング費用は2,100円との事。その他にも初期費用携帯HP制作代が必要との事です。費用対効果は抜群です。メール会員をもっと増やす事でこの売上げ
もどんどん上がるでしょう。

今回は飲食店さんの成功事例でしたが他の業種も多分大きな成果につながると思うのは私だけでょうか?

こんな使い方を考えて見ました。酒屋店で競合の店が安売り特売のチラシを新聞に折りこみを行ったとします。そのチラシの中で目玉になっている商品をピックアツプして・・・ここまでの説明でもぉ?お分かりだと思いますが、そうです競合他社の目玉商品より安く自分のメール会員に特売と言うタイトルでメール配信するのです。競合店が販促を仕掛けて来た後からチラシの価格を確認しメールを使って広告を打つことが可能となるです。この仕組みがなければ絶対出来ない事ですが、メール会員の数が多ければ多い程威力を発揮すると思いませんか?

チラシポスティング新聞折込は効果が無いのはほんと?

2014年1月18日 02:33 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

チラシポスティング、新聞折込は効果無いという店主(オナー)さんが多い昨今ですが効果が無いと言うのは何を根拠に無いと言い切っているのか?分かりません。
多分新聞折り込みやポスティングを行った結果レスポンスが無かった。費用対効果があわなかった経験があるのでしょう。

では効果のない新聞折込、ポスティングを行っているお店は何故あるのでしょうか?定期的にこのような広告宣伝を継続的に行っているのはどうしてなのでしょうか?この答えは継続して行っているお店のオナー、社長しか解らない事です。でもやり続けてる事は効果があるから継続しているのでしょう。ポスティングの効果や新聞折込の効果を感じ取る事が出来る迄チラシに掲載する情報を配布の度に変えトライandエラーを繰り返す事で効果的な引きつける広告が完成するのではないでしょうか?

ではポスティング、新聞折込のレスポンスはどの程度あるのか?みなさんはおわかりですか?0.1%?0.2%程度です。1万枚のチラシを配布して問い合わせの数は10件?20件程度です。この数字を基準に投下したコストに対して投資回収するのは新規顧客を何人集客して何人リピートさせれば販促費の費用対効果が合うか判断が出来るはずです。

「既存顧客数×客単価×期間内平均訪問数」で年間売上が算出来ます。既存客の数が同じで平均来店回数が一定であれば売上は安定しますが、既存客が減少しない事はあり得ない事なので、減少した人数分、新規顧客を集客しなければ売上が安定しません。既存客の来店頻度や客単価を上げる事が出来れば話は別ですが、来店頻度を上げる施策をしなければ何もかわりません。したがって「新規顧客獲得数×客単価×リピート率」を意識した広告戦略を行わなければいけません。これを意識する事でこの販売促進で新規顧客の集客を何人獲得して集客した新規顧客をどのような方策でリピートさせて囲い込み迄持っていけるかを具体的にする必要があるのです。

新規顧客を集客する外部販促、既存客の満足度を上げ来店頻度を上げる方策この2つを年間スケジュールに落とし込み実行するだけもお店や会社の経営が安定すると思います。
現に実践しているお店や会社はあるのですから出来ない事はないのです。ただ、やるかやらないかの違いだけなのです。

ターゲットを明確にする事でレスポンスも倍増?

2014年1月17日 10:19 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

ターゲットを明確にすることは、広告媒体を活用し販促する上で非常に重要です。チラシやWebサイトも同様です。それではターゲットを明確にして行く方法はあるのでしょうか?
ありますので心配しないで下さい。

さて、これからターゲットを明確にして行くわけですが、あなたが販売しようとしている商品はどんな方に買ってもらいたいのかを考えて見て下さい。
お客様はどのような方でしょうか?
女性でしょうか?
男性でしょうか?
年齢は?
職業は?
ライフスタイルは?
ライフスタイルとは、例えば、好きなテレビ番組は?好きな雑誌は?趣味は?
などのことです。
普段、どこで誰と買い物をしているのか?
などを書き出して行くことで、あなたが求めるお客様像を明確にして行くのです。
なぜ、ここまで明確にして行くかというと、ターゲットが明確になればなるほど、どのようなキャッチコピーでどのような情報を訴求する事で興味を示すのか?どのような商品
が気になっているのか?が明確になるからなんですね。
つまりターゲットを明確にしておけば、販促物に記載する情報を絞り込む事が出来るのです。
また作業の効率が良くなりぼやけた販促媒体にはなりにくいのです。

●ターゲットを明確にする為のチェック事項
?年齢、性別、職業、家族は?
?趣味、見ているテレビと雑誌、1日・1週間の行動スケジュール
?いつ、どこで、誰と買い物をしているのか?
?ネットの利用は?

これはちょっと難しいと感じるかもしれませんが慣れて来ると誰でも出来るようになります。
もう1 つ簡単な方法をご紹介しましょう。
それは、あなたが知っている誰か1 人を思い浮かべるのです。
その人だけに商品を買ってもらいたい気持ちで、ターゲットを明確にして行くとかなり簡単に出
来ますよ。

この場合、出来るだけ親しい方が良いですね。
例えば、友人、恋人、伴侶、同じ職場の人、友人などです。
親しい人なら、趣味や見ているテレビや雑誌についても知っているでしょう。
興味を持っているものについても分かりますからね。
何よりターゲットを1 人に絞り込むことで、嗜好、興味、行動を明確に出来ます。
ターゲットがズレのないチラシやプロモーション、Webサイトが出来るんですね。
ですから、ターゲット像はあなたが知っている誰か1 人に絞ることをおすすめします。
是非チャレンジして見て下さい。

ネット広告を活用する事でリアル店舗で売れない商品が売れるらしい

2014年1月16日 12:12 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

ネット販売の世界では今どのような事が起こっているのか?
Amazon.comは非常に有名な本のオンライショップですが、リアル店舗(大型書店)
で販売してない(※置いても売れない書籍)本が非常に良く売れ、売上に貢献しているそうです。売上比率で言うと半分程度はこのマイナーな書籍が占めているとの事。

インターネットの普及でリアル店舗がなくても商品を誰もが販売出来る環境になり
お店の運営コストがリアル店舗と比べ安価に出来る事からリアルビジネスで売れないものも販売促進をインターネットで展開する事で売れる商品に変身するようです。

リアルでは売れない商品をネットで売る事が出来る最大のポイントは、販売促進をどのように展開し、仕掛ける事が出来るかが鍵のようです。

さてネットマーケティング界の販売促進は色々ありますが検索連動型広告、バナー広告、メールマガジン、ブローガーによる口コミ広告、と非常に数多くありますが、どのネット広告が良いのでしょうか?
お勧めなのは、検索連動型広告です。この広告はヤフーでもグーグルでもサービスを提供しており選択するキーワードによってはクリック単価も安価で個人でも最近利用しているアフィリエイターの方が多いようです。
このようなサービスをうまく利用し販売促進を仕掛ける事でマイナーな商品も販売する事が可能となるのです。

私の知人がこの方法を使ってあるものをネット販売しております。もちろお店など持っておりません。自宅でやっております。検索連動型広告に使用している費用も売上も不明ですが、かなり長い期間継続して行っております。やめる気配はなさそうですのでそれなりの成果をあげているのでしょう。