成果につながるロングテールSEOとは?

SP PRINTのブログです! TOP → 最新販促情報 → 成果につながるロングテールSEOとは?

成果につながるロングテールSEOとは?

2014年1月14日 10:01 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

企業やショップもwebサイトは多くの属性をともなった顧客を集客しなければならないのは、当然です。売りたい商品にはそれぞれターゲット(売りたい顧客)が存在します。例えばレトルトカレーのキーワードで検索してwebサイトに訪れたとします。検索した人が家庭で食べるレトルトカレーを探している場合と飲食店を経営しているオーナーが探している場合とでは、売る商品が違ってくるということです。
従来行われて来たSEOは検索数の多いキーワードを選択し、選択したキーワードで検索エンジンの順位を上げる方法がベーシックとなってきました。この方法ではアクセス数を増やす事である程度の成果につながると思いますが、アクセス数の割には、成果につながっていかない場合もある。これはターゲット(属性)とマッチングしてない訪問者がサイトに訪れているので問い合わせや販売、資料請求につながらないという場合があるのです。

この問題を解決する方法が最近行われているサイトの最適化なのです。キーワードを選択する場合検索回数の多いキーワードに重点をおくのでは無く、様々なキーワード(ロングテール)でアクセスを集める事に重きを置きます。またキーワードにヒットするページをターゲットにマッチングさせてた、サイトデザインにする。検索連動型広告も同様の事が言えます。

アクセス解析からサイト改善をする為には、来てほしいのに来ていない人を探すのが重要なポイントです。各商品の特徴に合致するニーズを持った訪問者を集めるには、どんなキーワードがベストなのか?そのキーワードからの訪問者にどんなサイトが良いのか等リストアップする事も必要です。キーワード調査は、グーグルやオーバーチュアが提供している「キーワードツール」などを使えば、検索回数が多いかどうか、ある程度目星が付けられます。ロングテールはもともとあまり検索回数は多くないが、そのなかでも検索回数が比較的多いところから対策を行っていく事で、コンバージョン率が高くなりやすい。

あなたのサイトも少し視点を変え、訪問者にあったサイトの最適化を行う事でレスポンスが今迄以上にUPする可能性を秘めております。100年に1度の不況と言われておりますが様々な改善をする事で明るい未来につながるのではないのでしょうか?

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://spblog.biz/2014/01/14/%e6%88%90%e6%9e%9c%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8b%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%abseo%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/trackback/

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。