2014年1月の記事一覧

SP PRINTのブログです! TOP → 2014年1月の記事一覧

超アナログ人間でも携帯メルマガ配信をやったら出来た!!

2014年1月15日 02:17 / カテゴリ:[ お客様紹介 ]
0 Comment & Trackback

先日居酒屋店の携帯HP+携帯メール配信の成功事例を紹介しましたが、本日も居酒屋店導入成功事例の紹介をさせて頂きます。

本日ご紹介する居酒屋店は、脱サラで居酒屋を開業し今年で20年目を迎える55歳のオーナーのお話です。

今年6月に携帯HP+携帯メール配信システムを導入した55歳のオーナーは超アナログ人間でパソコンも携帯メールもやった事がないとの事。
「機械 苦手!そんなの 大嫌い!」多いですよね?!

そんなアナログオーナーがどうして携帯HP+携帯メールシステムを導入したのか?

知りたくないですか?
その理由は簡単です。

売上が5年前から連続して減少したから。でも、このオーナーさんは何もせずに売上が落ちた訳ではないのです。

自らポスティングを行い、また固定客への定期的なダイレクメールも行い広告宣伝費もしっかり予算化し
年間販促計画も立案し、計画通りにこれでもか!と行ない続けました。なんてえらい!

なのになのに・・・やるべき事をきっちり今迄以上行っても前年の売上をクリアー出来なかったそうです。

ず?と何かこの局面を打開する方法はないかと考え眠れない日々。
今年で開業20年!何かを変えなければこの先いつまでこの店を続けられるか不安だったそうです。

携帯を使ってメールを配信するシステムの情報を得たオーナーはこれしかない!!と思い決断しました。
超アナログ人間でパソコンも携帯メールもやった事がないオーナーの決断です。
これしか無い!!やれば出来る!もう逃げていられない!と思い導入したそうです。

このオーナーの情熱は私にも伝わり、サポートもしっかり行いました。
お店にイターネットが出来る環境がなかったのでイターネット回線の手配。
パソコンが無かったのでパソコンの手配。
パコンが出来ないので出張レッスン2日×2Hと行った結果、
パソコンを使ってメール送信!
すべて自分の言葉で、お客様が楽しみになるメール配信ができるようになったのです。

すばらしいですネ!!先日この居酒屋へ飲み行きましたが、来店したお客様は帰り際に、
「マスターメール待ってるよ」と声を掛けていました。

オーナーさんもお客様から「メール見たよ!」と声を掛けられる度にモチベーションが上がるそうです。

喜ばれるアイディアを!喜ばれるサービスを!

毎日の仕事さえも導入前に比べ、楽しくやりがいのあるものに変わってきたそうです。

現在メール会員200名強!!メール配信月3回?4回、
これから色々なアイディアでお客様の為にお得情報を配信していくとの事。

売り上げももちろんですが、「喜ばれる!」を実感できた時、「やりがい」が生まれ良い仕事が出来ます。

それが、売り上げにつながっていくのでは?

頑張れマスター!!・・・・・・・・

 

成果につながるロングテールSEOとは?

2014年1月14日 10:01 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

企業やショップもwebサイトは多くの属性をともなった顧客を集客しなければならないのは、当然です。売りたい商品にはそれぞれターゲット(売りたい顧客)が存在します。例えばレトルトカレーのキーワードで検索してwebサイトに訪れたとします。検索した人が家庭で食べるレトルトカレーを探している場合と飲食店を経営しているオーナーが探している場合とでは、売る商品が違ってくるということです。
従来行われて来たSEOは検索数の多いキーワードを選択し、選択したキーワードで検索エンジンの順位を上げる方法がベーシックとなってきました。この方法ではアクセス数を増やす事である程度の成果につながると思いますが、アクセス数の割には、成果につながっていかない場合もある。これはターゲット(属性)とマッチングしてない訪問者がサイトに訪れているので問い合わせや販売、資料請求につながらないという場合があるのです。

この問題を解決する方法が最近行われているサイトの最適化なのです。キーワードを選択する場合検索回数の多いキーワードに重点をおくのでは無く、様々なキーワード(ロングテール)でアクセスを集める事に重きを置きます。またキーワードにヒットするページをターゲットにマッチングさせてた、サイトデザインにする。検索連動型広告も同様の事が言えます。

アクセス解析からサイト改善をする為には、来てほしいのに来ていない人を探すのが重要なポイントです。各商品の特徴に合致するニーズを持った訪問者を集めるには、どんなキーワードがベストなのか?そのキーワードからの訪問者にどんなサイトが良いのか等リストアップする事も必要です。キーワード調査は、グーグルやオーバーチュアが提供している「キーワードツール」などを使えば、検索回数が多いかどうか、ある程度目星が付けられます。ロングテールはもともとあまり検索回数は多くないが、そのなかでも検索回数が比較的多いところから対策を行っていく事で、コンバージョン率が高くなりやすい。

あなたのサイトも少し視点を変え、訪問者にあったサイトの最適化を行う事でレスポンスが今迄以上にUPする可能性を秘めております。100年に1度の不況と言われておりますが様々な改善をする事で明るい未来につながるのではないのでしょうか?

 

SEOはお金をかけずに自分でも出来ますよ

2014年1月13日 11:20 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

Webサイトを運営している方はあるキーワードで上位表示されるとどんな効果が得られるか理解していると思います。逆にWebサイトを運営していて何の変化もないと言う方もおります。このような方がWebサイトは全然効果が無いと思っているので殆ど更新もせずにほったらかしに、なってしいます。せっかく投資をしてWebサイトを持っているのに実にもったいない事です。

SEO対策をある程度行い複合キーワードで1Pに表示されるだけでも目に見えた効果が可能となります。SEO対策とはホームページの内部を最適化するSEO内部施工と、他サイトからテキスト広告を配信するなどのSEO外部施工(被リンク)の2つに分けられます。後者のSEO外部施工(被リンク)は、検索エンジンの動向に合わせたテキストを設定することが競合サイトに差をつけるための重要なポイントとなります。

SEO対策において被リンクは重要なポイントとなります。被リンクとは何?って思う方がいるかもしれませんので、被リンクとは他のWebサイトからあなたのWebサイトに1方的にリンクを張ると言う事です。かつ効果的な被リンクはテキストリンクとなります。このテキストリンクを狙っているキーワードのテキストに設定してリンクを張る事で上位表示が出来る可能性も出て来ます。

外部SEOはSEO会社にお金を払わず行う事も可能です。どうやってやるの?それは、無料ブログをいくつか立ち上げそこからメインのサイトに被リンク(テキストリンク)を送る。無料ブログも複数立ち上げる場合、すべて違う別々の会社にする事で外部SEOの効果が発揮出来ます。

またお客様のブログからリンクをもらう事でそのパワーは何十倍にもなります。飲食店等の場合はチョットの仕掛けでお客様のブログからリンクを貰えます。例えばブログを運営しているお客様へ館内POPやテーブルスタンドを活用し「あなたのブログで当店を紹介して下さい」と告知し紹介してくれた方へ「当店お食事券500円分をもれなくプレゼント」等のキャンペーンを行います。こうする事でどんどん被リンクが増えていきます。

ちなみに紹介してくれたブログのチエックは必ず行って下さい。チエックの仕方はかならずメールで紹介記事のURLを送ってもらう事です。これを決めてごととする事で不正は、避けられるます。上位表示出来ていないサイトでもお金をかけずに上位表示が可能となります。チャレンジしてみて下さい。

QRコード広告が進化している。

2014年1月12日 11:04 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

QRコードを活用した広告が最近では様々な場面で目にする機会が増えている。紙媒体広告等では、チラシや情報誌等に掲載されてたり、看板やサイン、ポスター等も増えて来ている。QRコードは2次元バーコードとも呼ばれており、通常のバーコードは、横方向にしか情報を持たないのに対し、QRコードは縦横に情報を持つ事が出来るのが特徴だ。そのため、QRコードに情報を格納する事が出来、数字だけでなく英字や漢字のデータも格納できるところがメージャーとなったようだ。
又携帯電話の普及によりクロスメディア広告にもQRコード広告が使用される事が多くなり主に、携帯サイト(モバイル用Webサイト)へのアクセスを誘導する道具(ツール)として利用頻度が増えているのが現状である。

そんなQRコードだが、更に進化を遂げているのが驚きである。どのように進化しているかと言うと、従来のQRコードはテキストデーターのみ格納する事が出来たが、進化したQRコードは音声やJPEG/GIF形式の画像を格納可能出来るようだ。つまり、Webサイトへアクセスしなくても、進化したQRコードに携帯をかざすだけで再生する事が可能となる。ただ対応機種が現状少ない為普及する迄には時間がかかる事が予想される。

QRコードが進化するとQRコード広告の活用の仕方も変化し我々ユーザーもついていくのにやっとと言う感じである。ただ急速に進化を遂げている効果的なWeb広告を利用しない事は非常に機会ロスとなる事は確かだ。進化を遂げるQRコード広告だが従来のQRコード広告をいち早く取り入れている大手外食チエーンも成功を収めている。成功事例がいくつもこの世の中にあるのだから情報は自分で取りに行き、吸収し行動する事が、今の不況を乗り切るベストな手段なのではないか?

 

携帯/スマホサイト構築・メール配信機能 販促用ASPツールが進化している。

2014年1月11日 10:25 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

景気後退で不況が続く中、ネットを絡めた販促、広告サービスが加速度的に進化している。以前も紹介しましたが、携帯サイト+メール配信のシステムですが、こちらも最近ではパワーアップしております。今迄は、メール会員を集客しそのメール会員へ様々な、お得情報を配信するというのがベーシックな仕組みでした。それがどのように進化しているかというと

1、集客したメール会員の属性分けが可能となった。

2、購買履歴や来店履歴をデーターベース化した完全自動のステップメール配信。

3、各広告媒体に掲載したアクセス解析機能(※各広告媒体からのアクセス数の分析が可能)

4、クーポン発行機能。

5、動画配信機能

上記以外にも様々な機能を実装した販促用携帯ASPツールが続々リリースされております。
また各業種に特化した販促用携帯ASPツールもあり、例えばカーディラー向けや美容室、歯科医院、エステサロン、リフォーム、ホテル、旅館 、ハウスメーカー、企業向け等 ・・・・
こんな時代だから販促用携帯ASPツールを活用しお客様の囲い込みやコミニュケーションツールとして活用する!!まだまだ発展途上のサービスです。早く導入して使い込む事で売上UPも期待できるでしょう。トライ&エラーを繰り返し、オーナーのアイディアしだいでオリジナルな使い方も可能ですのでネット検索で販促用携帯ASPツールの情報収集し、導入してみては如何でしょうか?

ポッドキャストと動画で広告宣伝!!

2014年1月10日 08:20 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

ポッドキャストって何に?ちょっとネット検索で調べてみました。ポッドキャストとは?「Apple社の携帯オーディオプレーヤー「iPod」にネットラジオを自動録音して、収集された放送を好きなときに聴取するシステム。」のことのようです。簡単に言うと音声を配信する方法のことのようだ。最近、情報商材のセールスサイトやメルガマ等に動画や音声配信を良く見かけるようになりました。文字だけの情報よりも音声や動画が流れるだけ非常に分かりやすくなります。これって伝えたい事が伝えられる手っ取り早い方法かもしれません。

携帯も進化が止まりませんが、携帯で動画を視聴出来るようになったり、2次元バーコドもテキスト情報を格納するだけではなく、音声情報も格納出来るようになった。伝えたい情報を文字や写真のみではなく動画や音声を活用しサイト等でコンテンツの内容と売りたいものをマッチングさせる事で効果もかなり期待出来るのでは?不況の時だからこそ新しい販促手法を取り入れる事で、思いもよらない成果につながるかもしれません。

費用対効果の高い可能性を秘めている販促方法に「アフィリエイト」というネット広告の方法もあります。売れる商品であれば「アフィリエイト」を利用する事も選択肢としてあります。アフィリエイトは、成果報酬型のインターネット広告なので、基本的には商品が売れた場合に対して、広告料金を支払う仕組みです。広告掲載をして商品が売れない場合には、広告料金が発生しない広告だからリスクもそんなにありません。ただ「アフィリエイトASP」によってはシステムの基本料金が発生しますので、色々なASP広告を調べてみる事も必要です。インターネット広告の世界は日々進化しております。広告に携わる方はこの進化のスピードについていき情報を吸収しアウトプット迄する必要があるのでは?

ティーザー 広告手法とは?(じらす広告)

2014年1月9日 10:22 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

ティーザー広告という言葉を最近耳にしますが、ティーザー広告とはどんな広告手法なのかちょっとネットで調べてみました。ティーザー広告のティーザーはtease(ティーズ)」はじらすという意味で、(じらす広告)最近各メーカーや企業で活用されている広告手法のようです。

具体的広告手法としては、「宣伝や訴求したい商品を直接取り上げずに小出しに情報のみを公開し、見る側の興味をひくことを意図したプロモーション」であえて情報を小出しにし、消費者をじらすことで事前の期待感を膨らませ、より話題性やインパクトを狙うという事のようです。キャンペーンや新商品発売等の開始前に商品の特徴を隠し、プロモーションが進むにつれ少しずつ情報を出していく事で、販売促進に繋げる狙いは、確かに今の時代にマッチしている!!

最近は気になった情報等はすぐネットで検索して調べる事が出来るので、キーワードを検索窓に打つとたくさんのサイトがヒットします。そこから知りたい情報を入手する人もおおいのではないでしょうか?やはり情報を小出しにされるとすべての情報を知りたくなるのは当然です。ティーザー広告はストーリー性(物語)を持ちアイディアしだいで効果的なプロモーションになる事は間違いないようだ。 小さいお店や飲食店もこのティーザー広告は使えると思います。「じらす」をキーワードにあなたのお店だけのオリジナルなティーザー広告にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

モバイル販促

2014年1月8日 09:49 / カテゴリ:[ 最新販促情報 ]
0 Comment & Trackback

昨今、インターネット利用率の上昇、モバイルの普及、技術の進歩などにより、情報伝達のためやコミニュケーションツールとして、私たちの日頃の生活に欠かせない存在となったメール!!このメールが今や商業利用目的で、顧客あるいは見込み顧客に対し情報を配信する手段として広く活用されている。

100年に1度の不況といわれ、減収減益で苦しむ企業が多い中EC市場は、いたって活況、いまだ拡大を続けている。
昨年の12月に楽天が、1日の売上を30億とし、過去最高の売上を記録した。その中でEC市場を最も牽引しているのが、モバイルECだ。それでは携帯(モバイル)でのEC市場規模は、どのくらいあるのか?2008年の売上実績で400億それが2011年には100億になると予想されている。

世の中がこのような流れになっているのはまぎれもない事実である。今後モバイルを活用したプロモーションは絶対避けてはいけない事は理解出来ると思う。またモバイルを活用したメールマーケティングも同様である。

携帯メールは主に企業やお店と顧客とのコミュニケーションツールとして使われるのが主で、顧客にとって有益な情報やお得メール等顧客を囲い込むには絶好の販促手段である。大手外食チェーンもいち早くこのモバイルメールマーケティングを導入し1000万人のメール会員の集客に成功した。1000万人ものメール会員を獲得出来た事はすごい事で、メディアを一つもつ事と同じ価値がここにはある。1000万人の顧客に情報を届ける費用を考えると、TV、チラシ、DM、雑誌広告等に比べるとメールは恐ろしい程コストがかからない事は理解出来ると思います。また情報を配信する手間と時間もさほどかからない!!

「モバイル(携帯電話)という常に身近にあるツールだと、ユーザーへリーチしやすいというのが容易に可能だ。最近は訴求力の高い『デコメ』を使ったメールプロモーションの効果がある!!常のメールと比べて20?30倍のアクセスを実現したケースもあります。しかもメールといえば、Webにおける数少ないプッシュ型の情報伝達手段。プル型のように待ちの姿勢ではなく、情報を送る側からすれば『伝えたい時』、受け手からすれば『欲しい時』に情報のやり取りが瞬時にできる」

またモバイルメールマーケティングは不特定多数のユーザーに情報を配信するのではなく、既存顧客や見込み客へ向けて情報を配信するので、既存ユーザーに対するアプローチのためリピーター獲得につながりやすくなるのも特徴だ!!

このモバイルメールマーケティングも最近では進化を遂げ、顧客情報を元にOne to Oneマーケティングを取り入れた仕組みもリリースされている。例えば来店履歴に対応したステップメール配信や購買履歴を元にメールを配信する個人ユーザーに向けたプロモーションも展開可能だ!!

まだモバイルメールマーケティングを導入してない方はそろそろ導入する事をお勧め致します。

拡大するインターネット通販市場

2014年1月7日 02:00 / カテゴリ:[ 印刷 ]
0 Comment & Trackback

久々のブログ更新でちょっと緊張気味です。今回はウエブ通販の市場規模がどの程度あり、伸び率等をレビューしたいと思います。

インターネット通販の利用拡大はご存知の通り拡大を続けているのが現状です。それでは売上(市場規模)どの程度あるかと言うと、08年度実績で約2兆1753億円だ。この数値をベースに今年の見込みはというと115%に拡大すると事。(2兆5097億円)

このインターネット通販の売上が伸びているのは、ただ単にリアル店舗から購入していた顧客がインターネット通販にシフトしているだけ。

だからリアル店舗の売上が減少しているのもインターネット通販の影響を受けていると言える。

それでは通信販売の媒体別売上はどうなっているかと言うと!カタログ通販1兆5200億円(前年比98.5%)イターネット通販2兆5097億円(115%)携帯インターネット通販4,080億円(128%)となっている。

注目してほしい数値は携帯インターネット通販の伸び率である。楽天市場も携帯からの商品売上が1日3億程度あるらしい。
あとカタログでの通販が減少している。この流れでいくと世代交代が進む事でどうなるかは誰もが分かる事でしょう。

最近では大手スパーも食料品のネット通販を開始した驚いたのは即日宅配だ。オーダー時間のタイミングにもよるが非常に便利なサービスだ。

以上の事からネット通販に限らず、インターネットを広告媒体に活用してないところは、危機感を持った方が良いかもしれません。広告宣伝の媒体が紙や電波からインターネットや広告メールにシフトしてきているのも事実だ。

インターネット、携帯、パソコン、メールは分からないから導入しないと言っている経営者は、今迄以上に相当頑張らないと今の時代やっていくのは大変だと思います。

チラシやネット販促はターゲットを絞るとレスポンスがかなりアップします。

2014年1月7日 01:58 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

集客したいターゲットを決めて、集客したい客層にだけ情報を発信すると
「レスポンスが良くなり、集客につながる」これってホント?

リアルビジネスで折込チラシを定期的配布して集客している方には必見です。
最近、折り込みチラシの反応が一昔前に比べるとかなり落ちていると感じませんか?
これには様々な理由があるのですが、まず頭に浮かぶのが、このご時世不景気・・・
という事。

まぁ?これも原因の一つなのですが、他の考えられる理由は、不景気の為
新聞購読率が激減している事です。しかも賃貸住宅に居住している世帯はさらに新聞購読率
が低いといわれております。まぁ?今の時代インターネットで新聞に掲載されている情報は
リアルタイムでパソコンや携帯で調べる事が可能になったから無理もないでしょう。
今後も新聞購読率は減少していく流れになっていくのは避けられないのでは?

では新聞折込チラシを販促の手段としている方は今後どうしたら良いのか?
新聞折込にかけている費用を段階的に減らしポスティングやネット広告にシフトしていく事が
ポイントとなります。それと今までのチラシ構成を見直し、客層、属性、ターゲットを絞り込んだ
チラシ作りが重要になってきます。

チラシに掲載する情報をだれに発信するのか?子供なのか若者なのか中高年なのか高齢者なのか
男性なのか女性なのか?多くの客層に伝えたい事をより多く販促媒体に掲載する事で逆に伝わるものも
伝わらなくなるのです。
ここでイターネットを使用して検索する人の気持ちになる事で理解出来ると思います。
例えば40代の男性でメタボが気になりダイエットに効く商品を探しているとします。
検索してHPを開いた時女性向けのダイエット商品の広告ばかりで男性向けのものが
なければ購入には至りません。

チラシもまったく同じなのです。チラシ広告やDMの反応は、見た瞬間自分には関係ないと思ったら
みてくれないのです。見る側のお客様は、自分にあったモノや悩みを解決してくれる情報探しています。
ターゲット、客層、属性を決めてその人達に向けた情報を掲載するだけで
お客様の興味を引くことが出来るのです。

更に極めつけは、集客したい客層の多く住んでいるエリアにそのチラシをポスティングする事でレスポンスが
3倍?5倍迄アップするのです。最近では国勢調査のデーターが入ったエリアマーケティング地図ソフトがありますので
商圏内のエリアをガラス張りにする事が出来るようになりました。
リアル広告、ネット広告どちらもターゲットを絞り狙い撃ちする事でかなりの効果が見込めるようになります。
是非チャレンジしてみて下さい。