不況の時こそ効果的な販促で商機あり?

SP PRINTのブログです! TOP → 販促方法 → 不況の時こそ効果的な販促で商機あり?

不況の時こそ効果的な販促で商機あり?

2014年2月20日 08:27 / カテゴリ:[ 販促方法 ]
0 Comment & Trackback

不況の時こそ効果的な販促で商機あり?Posted by admin Published in モバイル販促
世界的な経済的不況で日本でも景気が急激減速!!お客様の節約志向も加速し財布の紐もしまり出しました。すでに小売業の売上も減少傾向だ。飲食店の集客も減少し全国的に数パーセント売上を落としている事が事実だ。売上減少は損益分岐点の悪化をまねき、変動費のコントロールでは調整がつかない状況に追い込まれる。賃料、人件費、水光熱費、は固定化しているのが現状のようです。

このような状況になると利益が縮小する事となり売上減はお店や会社にとって死活問題となる分けです。このような状況になると売上を確保する為、集客対策に力を注力するお店が増えてくる分けです。販促の展開は色々な方法がありますが、やはり効果的かつ効率的、費用対効果(ROI)の高い方法を選択しなければいけません。新聞折込チラシやポスティングは即効性はあるが、販促費の費用対効果が読めない。雑誌媒体はどうか?等何をするにしてもリスクが伴います。新規顧客を集客する為の広告宣伝は非常に効率が悪く、投下した販促費を一発で回収する事は客単価の低い飲食店等は非常に難しい状況のようです。

新規顧客を集客しリピター化しなければ投下した販促費を回収する事が出来ないのです。それではどのような販促が良いのかと言うと、既存顧客の来店促進を目的とした販促や、平均単価を100円でも200円でも上げる施策等です。来店促進型販促は通常ダイレクトメールが(DM)が一般的ですが最近では、携帯メールを活用した携帯メールマーケティングも販促手法として効果的です。既存顧客へ情報を発信する目的はいっしょですが、違いは情報を届けるコストが圧倒的に安価で済むという事と、情報を瞬時届ける事が出来るという事です。ダイレトメールのコストを考えると郵送代プラス印刷代、宛名等を書く事や住所タックシールを貼る手間(人件費)が発生致します。携帯メールだとパソコンや携帯から届けたい情報を入力してボタン一つで瞬時に全員に情報を届ける事が出来るのです。情報を届けるコストは限りなく0円に近いのです。客単価アップの部分はテイクアウトメニューや新しいメニュー商品の開発等も考えられます。

このテイクアウトメニュー等は居酒屋店では殆ど積極的に取り組んでおりませんので今がチャンスです。自宅で消費するイエナカ消費という言葉も出てきておりますので、やり方しだいでは不況を商機に変えるチャンスと言えるでしょう。固定概念に縛られていて、手をこまねいていては、売上の減少は止められません。お店や会社のオーナーの発想の転換が必要な時期に来ている事は間違い無いと思いませんか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://spblog.biz/2014/02/20/%e4%b8%8d%e6%b3%81%e3%81%ae%e6%99%82%e3%81%93%e3%81%9d%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e7%9a%84%e3%81%aa%e8%b2%a9%e4%bf%83%e3%81%a7%e5%95%86%e6%a9%9f%e3%81%82%e3%82%8a%ef%bc%9f/trackback/

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。