印刷

拡大するインターネット通販市場

2014年1月7日 02:00 / カテゴリ:[ 印刷 ]
0 Comment & Trackback

久々のブログ更新でちょっと緊張気味です。今回はウエブ通販の市場規模がどの程度あり、伸び率等をレビューしたいと思います。

インターネット通販の利用拡大はご存知の通り拡大を続けているのが現状です。それでは売上(市場規模)どの程度あるかと言うと、08年度実績で約2兆1753億円だ。この数値をベースに今年の見込みはというと115%に拡大すると事。(2兆5097億円)

このインターネット通販の売上が伸びているのは、ただ単にリアル店舗から購入していた顧客がインターネット通販にシフトしているだけ。

だからリアル店舗の売上が減少しているのもインターネット通販の影響を受けていると言える。

それでは通信販売の媒体別売上はどうなっているかと言うと!カタログ通販1兆5200億円(前年比98.5%)イターネット通販2兆5097億円(115%)携帯インターネット通販4,080億円(128%)となっている。

注目してほしい数値は携帯インターネット通販の伸び率である。楽天市場も携帯からの商品売上が1日3億程度あるらしい。
あとカタログでの通販が減少している。この流れでいくと世代交代が進む事でどうなるかは誰もが分かる事でしょう。

最近では大手スパーも食料品のネット通販を開始した驚いたのは即日宅配だ。オーダー時間のタイミングにもよるが非常に便利なサービスだ。

以上の事からネット通販に限らず、インターネットを広告媒体に活用してないところは、危機感を持った方が良いかもしれません。広告宣伝の媒体が紙や電波からインターネットや広告メールにシフトしてきているのも事実だ。

インターネット、携帯、パソコン、メールは分からないから導入しないと言っている経営者は、今迄以上に相当頑張らないと今の時代やっていくのは大変だと思います。